自分ではどうすることもできない悲しい感情、不安、自信のなさを深いレベルで癒す【カルナレイキのシャドウセルフ瞑想】

販売価格 10,800円(税800円)
購入数

あなたがもし同じ繰り返しをしてしまうならば【カルナレイキのシャドウセルフ瞑想】を是非受け取ってみて下さい。




あなたの中の潜在意識が癒されていない・あなたの心の中の影(シャドーセルフ)が癒されていないと何が起きるのでしょうか?



自分の中のある側面を否定して無意識の中にしまいこんで気がつかないことで、時に人間関係などに支障が現れることもあります。











例えば、対面する相手の中にそのシャドーを見かけると、非常にその人に抵抗感が生じて嫌ってしまったり、あえて見えないように避けたり、逃げたり、目を背けて向き合うことができない状況になってしてしまうのです。




場合によっては他の人が気づかないけれど、敏感な方なら、相手の人が隠していたりすることがわかる場合があります。



自分の心では捉えられない無意識レベルで起こっていることを、心やトラウマに特に特化した西洋3大レイキの1つである【カルナレイキヒーリング】は、特に有効です。



【カルナレイキ】は、一般的な心理学的な領域から癒すのテクニックとして、特に日本を代表する臼井霊氣・現代レイキでは届きにくいもう一歩の領域までヒーリングすることが可能なレイキヒーリングになります。(エジプトセイキムレイキもお勧めです)



特にこちらのカルナレイキヒーリングは、【カルナレイキプラクティショナー講座】受講資格としても、臼井霊氣・現代レイキ神秘伝(レベル3以上)の方が対象条件になる上級レイキヒーリングになります。




レイキヒーリングの場合は、自己探究と気づき・癒し、そして、エンライトメント(悟り)へ向かっていくプロセスの中で、同様に潜在意識、無意識へのアプローチがなされていきます。



【カルナレイキのシャドウセルフ瞑想】は、カルナレイキの心の問題の解放ヒーリングを行いながら、



誘導瞑想を行います。、自分が否定していた自分を、マザーテレサ、観音、ミカエル、ラファエルなど、カルナレイキヒーラーがそれら高次元の存在を召喚し、一緒にシンボル子言霊をしながらヒーラーが、スピリチュアルガイドの助けも得つつ、シャドーセルフにアプローチしていきます。
そこに目を向けて、そこに愛と癒しを送り、認めて面倒を見てあげるだけで、とても楽になります。




人は陰陽、光と影部分は持っています。影が決して悪いわけではなく、そこに気づくとすごく楽になります。





シャドーセルフの表れ方は人により様々です。人間として現れるとは限りませんが、そのメッセージを素直に受け入れてみる事は非常に自分を成長させることに役立ちます。



古代インカのシャーマンの愛のぎしきでも伝えられていますが、準備ができたタイミングで自分のシャドーセルフと向き合え、心の中のトラウマや解放ができるタイミングが用意されるのだと思います。
心理学者ユングも「準備が出来ればマスターは現れる」と伝えています。



自分ではどうすることもできない悲しい感情、不安、自信のなさは、こうして、ヒーリングやセラピーができる専門家の力を借りながら自らが気づきと癒しを行うことで、シャドーセルフに愛と癒しを送ってあげることで、よりスムーズに生活の中で自分らしさを出していけるようになります。



スピリチュアルヒーラー西川和子が行わせて頂きますカルナレイキは、アメリカ認定ヒプノセラピストでもあり、エモーションフリー、エジプトセイキムレイキマスター、カルナレイキマスター、亡くなった方の通訳をするミディアムシップリーディングなどの学びを取り入れた 西川和子が担当させて頂きます。






ゆめ咲ヒーリングサロンでも、【カルナレイキヒーリングセッション】や、【カルナレイキ瞑想】また、スクール開講【カルナレイキプラクティショナー講座】や、【カルナレイキマスター講座】をお受けいただくことが可能です。


今回は、【カルナレイキのシャドウセルフ瞑想】セッションのご案内をさせて頂きます。

個人セッションの中にこちらの瞑想を入れて頂くこともできます。Z00M/スカイプ など遠隔・対面可能(ご相談含む)です。
60分 16.200円 





また、40分瞑想のみ瞑想セッションもございます。遠隔・対面可能Z00M/スカイプ など遠隔・対面可能

4
40分  10800円  













Your recent history

Recommended

Best sellers

About the owner

スピリチュアルカウンセラー西川和子

すべての人が、勇気を手にして、やりたいことを実現させていくお手伝いをすることで、笑顔で輝く世界にします。

Blog